生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 藤井聡太七段
拡大
 藤井聡太七段

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は28日、大阪市の関西将棋会館で指された八大タイトル戦の一つ、第45期棋王戦予選8組の決勝で都成竜馬五段(29)に敗れ、渡辺明棋王(35)への挑戦者を決める本戦トーナメント進出を逃した。

 対局を終えた藤井七段は「もう少しやり方はあったかと思うが、形勢判断や読みも自分の弱いところが出てしまった。(タイトル戦に向けて)今は力をつけて、目指していくしかない」と話した。

 棋王戦は予選突破者、シード棋士で挑戦権を争う。藤井七段は、3期連続での本戦トーナメント入りを目指していた。

生活の最新
もっと見る

天気(11月14日)

  • 17℃
  • 15℃
  • 60%

  • 12℃
  • 10℃
  • 80%

  • 18℃
  • 15℃
  • 70%

  • 15℃
  • 13℃
  • 60%

お知らせ