総合 総合 詳報

  • 印刷
 ドジャース戦の1回、右越えに7号本塁打を放つエンゼルス・大谷。投手前田=アナハイム(共同)
拡大
 ドジャース戦の1回、右越えに7号本塁打を放つエンゼルス・大谷。投手前田=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは11日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのドジャース戦に「3番・指名打者」でフル出場し、相手の先発前田から先制7号ソロを放つなど4打数2安打1打点、1得点2三振で、今季初盗塁も決めた。前田は4回1/3を2本塁打を含む3安打5失点、4三振4四死球で、3敗目(7勝)を喫した。試合はエンゼルスが5-3で勝った。

 ヤンキースの田中はメッツとのダブルヘッダー第1試合に先発して6回2/3を7安打5失点(自責点4)で4勝目(5敗)を挙げた。試合は12-5。

総合の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ