生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷

 治療が困難な膵臓がんに対する薬剤の治験費用の調達を、インターネットで資金を募るクラウドファンディングで進めていた関西医科大(大阪府枚方市)は12日、寄付が目標の1千万円を超えたと明らかにした。10日に企画を発表していた。

 関西医科大によると、10日午前に開始し、11日深夜に目標額を超えた。この間600人以上から寄付があり、膵がんで家族を亡くした人、闘病中の患者もいた。サイトには「膵がん患者にとって希望の光」「患者の生きる希望につなげてほしい」との声が寄せられた。

 里井壮平教授らは保険適用を目指し治験を計画したが、資金調達が難航していた。

科学・環境の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ