経済 経済 新商品

  • 印刷

 【北京共同】トランプ米政権が排除を進める中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が、新型ノートパソコンの発売を中止したことが分かった。米メディアが13日までに伝えた。米国による輸出禁止措置で、必要なソフトウエアや半導体が調達できなくなったためという。

 発売を取りやめたのはノートパソコン「メイトブック」シリーズの新製品。米インテルの半導体の使用と、米マイクロソフト(MS)の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の搭載が困難になったとみられる。

 ファーウェイの消費者事業部門の幹部が「パソコンの供給ができなくなった」と明らかにしたという。

経済の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 10%

  • 9℃
  • 6℃
  • 50%

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

  • 12℃
  • 7℃
  • 20%

お知らせ