総合 総合 詳報

  • 印刷
 丸木舟をこぐ練習をする実験航海メンバー=5月末、台湾沖(3万年前の航海徹底再現プロジェクト提供)
拡大
 丸木舟をこぐ練習をする実験航海メンバー=5月末、台湾沖(3万年前の航海徹底再現プロジェクト提供)

 約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に移り住んだのか。当時の航海を再現するため、丸木舟で台湾東部からこぎ出し、風や星を針路の頼りに沖縄県・与那国島を目指す実験を、国立科学博物館の海部陽介人類史研究グループ長らのチームが行う。

 これまで草と竹の舟で失敗、今回が最後の挑戦だ。25日以降、風や波の穏やかな日を選んで出発、200キロ以上の行程を2日ほどかけ航行する。

 現生人類は日本列島に約3万8千年前、朝鮮半島から到達したとされる。大陸と陸続きだった台湾から沖縄へと北上するのは、その少し後のルートだ。

総合の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 28℃
  • 25℃
  • 60%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 80%

  • 30℃
  • 25℃
  • 60%

お知らせ