国際

  • 印刷
 14日、メキシコ南部タパチュラの検問所で警戒する当局者(ロイター=共同)
拡大
 14日、メキシコ南部タパチュラの検問所で警戒する当局者(ロイター=共同)

 【ロサンゼルス共同】トランプ米政権は14日、難民申請中の不法移民をメキシコで待機させる制度に基づき、南部テキサス州エルパソからメキシコ側に約200人の移民を送還した。これまで1日約100人だった人数枠を倍増させた形だが、メキシコのエブラルド外相は「無制限に受け入れない」と強調。同国は米側の動きに反発しており、今後問題化する可能性もある。

 メキシコのメディアが報じた。一方、同国移民当局のトップは14日、辞任を発表。理由は明らかにされていないが、対米交渉結果などへの不満が原因の可能性がある。

国際の最新
もっと見る

天気(9月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ