総合 総合 詳報

  • 印刷
 G20エネルギー・環境相会合で記念写真に納まる世耕経産相(前列中央左)、原田環境相(同右)と各国の出席者ら=15日午後、長野県軽井沢町
拡大
 G20エネルギー・環境相会合で記念写真に納まる世耕経産相(前列中央左)、原田環境相(同右)と各国の出席者ら=15日午後、長野県軽井沢町

 長野県軽井沢町で開かれている20カ国・地域(G20)エネルギー・環境相会合で、海のプラスチックごみ削減に向け日本が提案した国際枠組み構築に合意する見通しであることが15日、分かった。各国が削減の自主的な対策を実施し、内容を定期的に報告して共有する仕組み。最終日の16日に正式決定する。

 協議の中で原田義昭環境相は「プラごみ問題の世界全体の取り組みが必要不可欠だ」と枠組み創設への賛同を呼び掛けた。その後、初日の議論を終え「大筋でまとまりつつある」と述べた。

 エネルギー・環境相会合はG20に加え、プラごみの海への流出量が多い東南アジアの国など6カ国も参加した。

総合の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 28℃
  • 25℃
  • 60%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 80%

  • 30℃
  • 25℃
  • 60%

お知らせ