スポーツ

  • 印刷
 男子ストリート準決勝6位で決勝に進んだ白井空良=ロングビーチ(AP=共同)
拡大
 男子ストリート準決勝6位で決勝に進んだ白井空良=ロングビーチ(AP=共同)
 男子パーク準決勝で敗退した笹岡建介のエア=ロングビーチ(AP=共同)
拡大
 男子パーク準決勝で敗退した笹岡建介のエア=ロングビーチ(AP=共同)

 【ロングビーチ(米カリフォルニア州)共同】来年の東京五輪で新採用されるスケートボードの五輪予選対象大会、デュー・ツアーは15日、米カリフォルニア州ロングビーチで行われ、男子ストリート準決勝は予選から勝ち上がった白井空良(ムラサキスポーツ)が32・9点の6位で、上位8人による決勝に進んだ。

 青木勇貴斗(F2O skatepark)は13位、昨年大会を制した堀米雄斗(XFLAG)は21位で敗退した。

 男子パーク準決勝は笹岡建介(Proshop Bells)が10位で敗退。昨年の世界選手権(中国)で6位に入り、今大会はシードされていた堀米は欠場した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月7日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 1℃
  • 30%

  • 10℃
  • 5℃
  • 30%

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ