スポーツ

  • 印刷
 女子決勝の日本ユニシス戦シングルスでプレーする再春館製薬所の山口茜=深谷市総合体育館
拡大
 女子決勝の日本ユニシス戦シングルスでプレーする再春館製薬所の山口茜=深谷市総合体育館

 バドミントンの全日本実業団選手権は16日、埼玉県の深谷市総合体育館で男女の決勝が行われ、女子は再春館製薬所が3連覇を狙った日本ユニシスに3-2で逆転勝ちし、3年ぶり2度目の優勝を果たした。男子は日本ユニシスがNTT東日本を3-0で退け、2年ぶり5度目の制覇。

 再春館製薬所は1、2試合目のダブルスを落としたが、山口茜らのシングルスで3連勝した。男子の日本ユニシスは第1試合のダブルスで遠藤大由、渡辺勇大組がストレート勝ちして勢いをつけた。NTT東日本でシングルスの桃田賢斗は出番が回ってこなかった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ