生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 エアバスA350の初号機の前で写真に納まる日本航空の赤坂祐二社長(中央)ら=20日午前、羽田空港
拡大
 エアバスA350の初号機の前で写真に納まる日本航空の赤坂祐二社長(中央)ら=20日午前、羽田空港

 日航は20日、次世代の主力機として導入するエアバスA350の初号機の座席など客室を披露するセレモニーを羽田空港で開催した。初号機は14日にフランスから羽田に到着。9月1日の羽田-福岡線でのデビューに向け、準備作業中だ。

 日航はA350を2020年代半ばまでに31機導入し、国内、国際線ともに主力機とする方針。初号機は国内線向けの座席配置で、座席数は369。最上級のファーストクラスが12席、追加料金で足元が広くなるクラスJが94席、普通席が263席となっている。

 機内入り口には、大きく「鶴丸」のマークが描かれた。

生活の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ