社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 京都・鞍馬寺の「竹伐り会式」で、五穀豊穣を祈り大蛇に見立てた青竹をたたき切る僧兵姿の男たち=20日午後
拡大
 京都・鞍馬寺の「竹伐り会式」で、五穀豊穣を祈り大蛇に見立てた青竹をたたき切る僧兵姿の男たち=20日午後

 僧兵姿の男たちが大蛇に見立てた青竹をたたき切り、五穀豊穣を祈る「竹伐り会式」が20日、京都市左京区の鞍馬寺で行われ、約600人が勇壮な刀さばきに拍手を送った。

 平安時代、鞍馬寺中興の祖峯延上人が修行中に襲ってきた大蛇を退治した故事に由来。江戸時代から東の「近江座」と西の「丹波座」で竹を切る速さを競い、勝った地方が豊作になるとされる。

 午後2時、ほら貝の音で儀式が開始。僧兵姿の8人が「オオー」と声を上げ、長さ約4メートル、直径約15センチの青竹を山刀でたたき切った。2年連続で丹波座が勝利。竹の破片は魔よけなどの御利益があるとされ、参拝者が持ち帰った。

社会の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 28℃
  • 25℃
  • 60%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 80%

  • 30℃
  • 25℃
  • 60%

お知らせ