社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 順天堂大(東京)医学部の不正入試問題を巡り、不合格になった女性13人が20日、性別を理由に差別を受けたとして、大学側に慰謝料など計約4270万円の支払いを求め、東京地裁に提訴した。

 訴状によると、原告は関東地方などに住む10~20代の女性で、2011~18年に順天堂大医学部を受験し不合格になった。性別を理由に不公平に扱われたことで入試への信頼を裏切られ、精神的な苦痛を受けたと主張している。

 順天堂大は不正を認め、17~18年の入試に限り再判定し、本来なら合格していた元受験生を追加合格とした。今回提訴した13人は、この中に含まれない。

社会の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ