総合 総合 詳報

  • 印刷
 地震で被害を受けた屋根瓦を撤去する人たち=22日午前、山形県鶴岡市小岩川地区
拡大
 地震で被害を受けた屋根瓦を撤去する人たち=22日午前、山形県鶴岡市小岩川地区

 最大震度6強を観測した地震で被害を受けた山形、新潟両県は22日、初の週末を迎えた。屋根瓦が落ちるなどした地域では雨が降る中、住民が自宅の後片付けに追われた。

 山形県鶴岡市の小岩川地区は、被災した建物を調べる「応急危険度判定」の結果、「危険」とされた家屋が市内で最も多かった。住民がマスクや手袋を着け作業に当たった。地元の建設業者の男性約10人が屋根に上り、地震の影響でひび割れなどが生じた瓦を剥がす作業を進めた。

 新潟県村上市のJR府屋駅周辺では、崩れた瓦の応急処置として屋根にブルーシートが掛けられた住宅が目立った。

総合の最新
もっと見る

天気(12月9日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ