スポーツ

  • 印刷
 男子7人制で優勝した東海大の選手たち=日本武道館
拡大
 男子7人制で優勝した東海大の選手たち=日本武道館
 男子7人制の決勝で一本勝ちした東海大の太田彪雅(右)=日本武道館
拡大
 男子7人制の決勝で一本勝ちした東海大の太田彪雅(右)=日本武道館

 団体戦で争う柔道の全日本学生優勝大会最終日は23日、東京・日本武道館で体重無差別の7人制による男子が行われ、昨年と同じ対戦となった決勝で東海大が筑波大を3-1で下し、4連覇を達成した。史上最多の優勝回数は24に伸ばした。

 東海大は0-1で迎えた5人目の松村颯祐から主将の太田彪雅、後藤龍真が3連勝し、逆転した。22日に5人制を制した女子と2004年以来の同時優勝を果たした。

 昨年のジャカルタ・アジア大会男子100キロ級王者の飯田健太郎を擁する国士舘大は準決勝で筑波大に0-1で屈し、2年続けて3位。日体大が02年以来の3位に入る大健闘だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月16日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ