経済 経済 新商品

  • 印刷
 FRBのパウエル議長(AP=共同)
拡大
 FRBのパウエル議長(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は23日放映のNBCテレビのインタビューで、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長を解任し、理事に降格させる権限が「私にはある」と述べた。人事権をちらつかせて、政策金利の引き下げなど、トランプ氏が望む金融政策を実行するようにFRBに圧力をかける狙いがあるとみられる。

 トランプ氏は、パウエル氏の金融政策運営について「彼は政策金利を速く上げすぎた」と指摘し、昨年12月まで段階的に進めた利上げに否定的な考えを表明。「彼が良い仕事をしてきたとは思わない」と批判した。ただ「彼を理事に降格させると脅したことはない」とも述べた。

経済の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 40%

  • 31℃
  • 25℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ