スポーツ

  • 印刷
 スロベニア合宿に出発するノルディックスキー・ジャンプの(左から)葛西紀明、伊藤有希、伊藤将充、小林陵侑=24日、成田空港
拡大
 スロベニア合宿に出発するノルディックスキー・ジャンプの(左から)葛西紀明、伊藤有希、伊藤将充、小林陵侑=24日、成田空港

 ノルディックスキー・ジャンプ男子で2018~19年シーズンに日本勢初のワールドカップ(W杯)個人総合王者に輝いた小林陵侑が24日、所属する土屋ホームのスロベニア合宿へ出発した。久々に飛躍練習する予定で「楽しみ。うまく飛べるかな」と笑顔で話した。

 国内では筋力強化に取り組み、ももが太くなったという。合宿は約3週間。7月下旬に夏の初戦に臨む予定で「体の感覚が結構違う。まずは自分のフィーリング通りに飛べれば」と語った。

 6日に47歳となった監督兼任の葛西紀明は「入りが一番大事。(踏み切りで)スリップしない飛び方をイメージしている」と表情を引き締めた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ