社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 公判前整理手続きのため、東京地裁に入る前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告=24日午前
拡大
 公判前整理手続きのため、東京地裁に入る前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告=24日午前

 前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)らが金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で起訴された事件で、東京地裁は24日、裁判官と検察官、弁護人が協議して争点を絞り込む公判前整理手続きを非公開で実施した。ゴーン被告や前代表取締役グレゴリー・ケリー被告(62)が出席し、弁護側は西川広人社長の不起訴処分について詳しい説明を求めた。

 金融商品取引法違反事件の整理手続きは初めて。弁護側は検察側に速やかな証拠開示も要求した。次回手続きは7月23日。

社会の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ