社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故後に町が独自に全町避難の指示を出した福島県広野町の住民ら約110世帯が、東電に原発事故の慰謝料増額を求めた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、うち90世帯と東電が一定の増額で和解した。住民側の代理人弁護士が12日、明らかにした。

 和解金は1世帯当たり約2千~約720万円で、総額は約9千万円。病気療養のため遠方の病院に通う必要があった住民が高く算定されるなど個別事情を反映させた。

 一方、早期に帰還するなどした17世帯には増額は認められず、手続きを打ち切った。

 同町は国の避難指示区域には指定されなかった。

社会の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ