経済 経済 新商品

  • 印刷
 「広州モーターショー」で展示されたトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」=中国広東省広州市(共同)
拡大
 「広州モーターショー」で展示されたトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」=中国広東省広州市(共同)

 【北京共同】中国政府が電気自動車(EV)を普及させるためメーカーに義務付けている環境規制を修正する検討を始めたことが12日分かった。中国メディアが伝えた。トヨタ自動車などが得意とするハイブリッド車(HV)などの低燃費車にも有利な内容になるとしており、日本勢に追い風となる可能性がある。

 中国の新車市場は、米中貿易摩擦の影響で低迷している。環境規制を修正することで、EV以外の低燃費車の製造販売を伸ばす狙いもありそうだ。中国政府が規制の修正案を公表した。

 日本メーカーの担当者は「EVが主流となるにはかなりの時間がかかる。修正は現実的な解決策だ」と歓迎した。

経済の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ