スポーツ

  • 印刷
 混合デュエット・テクニカルルーティンで3位となり、銅メダルを手に笑顔の安部(右)、足立組=光州(共同)
拡大
 混合デュエット・テクニカルルーティンで3位となり、銅メダルを手に笑顔の安部(右)、足立組=光州(共同)

 【光州(韓国)共同】水泳の世界選手権第4日は15日、韓国の光州で行われ、アーティスティックスイミング(AS)の混合デュエット・テクニカルルーティン(TR)決勝で、予選3位の安部篤史、足立夢実組(楓心舘ク)が88・5113点で銅メダルを獲得し、2015年大会から採用の混合種目で日本勢として初めて表彰台に立った。ソロ・フリールーティン(FR)予選の乾友紀子(井村ク)は92・5667点の3位で17日の決勝に進んだ。

 女子シンクロ板飛び込みで榎本遼香(栃木DC)宮本葉月(近大)組は予選14位で12ペアによる決勝に進めず、今大会での東京五輪出場権獲得を逃した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • 15℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

お知らせ