社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 大阪高裁判決後、記者会見する森田都史君の父親=16日午後、大阪市の司法記者クラブ
拡大
 大阪高裁判決後、記者会見する森田都史君の父親=16日午後、大阪市の司法記者クラブ

 和歌山県紀の川市で2015年、小学5年の森田都史君=当時(11)=を刺殺したとして殺人罪などに問われた中村桜洲被告(26)を一審と同じ懲役16年とした16日の大阪高裁判決を受け、森田君の父親(71)が大阪市内で記者会見し「裏切られた気持ちだ。息子に報告できない」と悔しさをにじませた。

 高裁判決は、被告が心神耗弱状態で責任能力は限定的だったとした一審和歌山地裁判決を破棄し、完全責任能力を認めた。父親はこの点を「(一審より)二歩も三歩も進んだ」と評価した。

 一方、量刑は一審と変わらなかったことについて「まさかこんな形になるとは。納得できない」と語気を強めた。

社会の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ