国際

  • 印刷

 【ワシントン共同】米国務省のフック・イラン担当特別代表は16日、米国が結成を目指す中東・ホルムズ海峡などの安全確保に向けた有志連合構想に関する計画を19日に発表する考えを表明した。米政府は同盟・友好国に協力を求める方針を示しており、関係国に説明するとみられる。米メディアが伝えた。

 次期米国防長官に指名されたエスパー陸軍長官は16日の上院軍事委員会の公聴会で、有志連合に関し、同盟・友好国が協力し民間船舶の警護と海上監視をすることで、イラン側との衝突を抑止するのが目的だと説明した。

 トランプ大統領は16日の閣議でイラン情勢を巡り「大きな進展があった」と言及。

国際の最新
もっと見る

天気(2月23日)

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 5℃
  • 40%

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ