社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 東京都渋谷区の高齢夫婦宅で2月、現金約400万円などが奪われたアポ電強盗事件で、警視庁捜査1課は17日、強盗と住居侵入の疑いで、埼玉県吉川市吉川、無職大竹純平容疑者(26)を再逮捕した。アポ電で確認した被害者の資産状況などを、実行役に伝えた情報提供役とみている。

 事件では実行役として、いずれも住所不定、無職の小松園竜飛被告(28)、須江拓貴被告(22)、寺島健太被告(33)の3人が強盗罪などで起訴されている。大竹容疑者は容疑には「黙秘します」としている。

 再逮捕容疑は、3人と共謀して2月1日午前、渋谷区笹塚の住宅に警察官を装って押し入るなどした疑い。

社会の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 23℃
  • 30%

  • 34℃
  • 27℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ