生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 記者会見する大阪大微生物病研究所の中村昇太特任准教授=17日午後、大阪府吹田市
拡大
 記者会見する大阪大微生物病研究所の中村昇太特任准教授=17日午後、大阪府吹田市

 せきやたん、発熱などを引き起こす「非結核性抗酸菌(NTM)症」の病原菌の種類を、菌の遺伝子の特徴から特定する手法を開発したと、大阪大微生物病研究所の中村昇太特任准教授(生命情報科学)らのチームが17日、発表した。チームによると、NTMは約200種あり、うち175種の判別に成功しており、正確、迅速に特定し、菌種に応じた適切な治療につなげられるという。

 NTMは結核菌の仲間で、水場や土壌など自然環境中に広く生息。感染しても自覚症状がすぐに出ないなど進行は緩やかだが、食欲不振や倦怠感、呼吸困難が起きることもあり、完治には時間がかかる。

科学・環境の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 26℃
  • 16℃
  • 20%

  • 26℃
  • 18℃
  • 40%

  • 26℃
  • 17℃
  • 30%

お知らせ