社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 堺市で2017年9月、交際相手だった二瀬恵美さん=当時(35)=を刃物で刺殺し、4歳だった長女も負傷させたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた無職小林茂信被告(50)の控訴審判決で大阪高裁は18日、懲役26年とした一審大阪地裁堺支部の裁判員裁判判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。

 判決理由で和田真裁判長は「二瀬さんとのけんかが引き金で、あまりに短絡的な犯行」と指摘。長女にも完治の見込みのない心的外傷後ストレス障害を負わせ、幼い心を大きく傷つけたとし、一審の量刑は妥当と判断した。

社会の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 34℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 50%

お知らせ