社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 東京都港区の赤坂御用地の石垣に落書きしたとして、警視庁組織犯罪対策2課は19日までに、器物損壊の疑いで、ロシア国籍の住所不定、自称アーティスト、ペソチヌイ・グレフ容疑者(23)を再逮捕した。

 組対2課によると、ペソチヌイ容疑者は「描きたくなったから描いた」と容疑を認め、赤坂御用地が皇室関連の施設とは「知らなかった」と供述している。事件前には、知人女性と居酒屋で酒を飲んでいたという。

 再逮捕容疑は6月25日午前2時ごろ、港区元赤坂2丁目の石垣に、赤い塗料のスプレーで波線や鳥のような絵を約50メートルにわたって描くなどした疑い。

社会の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ