社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 2016年8月21日、佐竹憲吾容疑者の自宅があるマンションを調べる捜査員=名古屋市
拡大
 2016年8月21日、佐竹憲吾容疑者の自宅があるマンションを調べる捜査員=名古屋市

 名古屋市北区のマンションで2016年8月、中学受験の勉強を指導していた小学6年の長男=当時(12)=を刺殺したとして、殺人罪に問われた父親の無職佐竹憲吾被告(51)の裁判員裁判で、名古屋地裁(斎藤千恵裁判長)は19日、懲役13年(求刑懲役16年)の判決を言い渡した。

 殺意の有無が主な争点。佐竹被告は「殺意はなかった。刺したこともない」と起訴内容を否認。弁護側は傷害致死罪に当たると主張していた。

 公判では、佐竹被告が自身の母校である難関私立中に長男崚太君を進学させようと、勉強を教える中で暴力を振るい、刃物で脅すようになった経緯が明らかになった。

社会の最新
もっと見る

天気(8月23日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ