国際

  • 印刷
 有志連合についての非公開会合が開かれた米国務省の建物=19日、ワシントン(共同)
拡大
 有志連合についての非公開会合が開かれた米国務省の建物=19日、ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】米政府は19日、首都ワシントンで非公開会合を開催し、中東のホルムズ海峡の安全確保を目指す有志連合構想「海洋安全保障イニシアチブ」について日本を含む各国外交団に説明し、艦船や要員の派遣と資金の拠出を呼び掛けた。中東地域などを管轄する米中央軍が司令部を置く南部フロリダ州タンパで25日、2回目の会合を開く予定。

 国務、国防両省が共催した会合は国務省内で約1時間にわたり開かれ、米側がイラン情勢について説明。複数の出席者によると、米側はホルムズ海峡の安定に向けた連携などを訴えた。

国際の最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ