総合 総合 詳報

  • 印刷
 現場検証が続く「京都アニメーション」第1スタジオ。入り口付近には多くの花束が並べられていた=20日、京都市伏見区(共同通信社ヘリから)
拡大
 現場検証が続く「京都アニメーション」第1スタジオ。入り口付近には多くの花束が並べられていた=20日、京都市伏見区(共同通信社ヘリから)

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで34人が死亡した放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)とみられる男がガソリンを購入したのは、火災の約30分前だったことが20日、捜査関係者などへの取材で分かった。男は付近のガソリンスタンドで「発電機に使う」と使途を述べ、虚偽の説明をした疑いがある。

 青葉容疑者は事件数日前に現場周辺に来たとみられる。府警はガソリンを入手後速やかに放火を実行するため、事前にスタンドの位置関係やルートを調べ、携行缶や台車をそろえるなど周到に準備を進めたとみて調べる。

総合の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ