国際

  • 印刷
 19日、ホルムズ海峡付近で、英タンカー上にとどまるヘリコプターの映像(ロイター=共同)
拡大
 19日、ホルムズ海峡付近で、英タンカー上にとどまるヘリコプターの映像(ロイター=共同)

 【ロンドン、テヘラン共同】イラン革命防衛隊による英タンカーの拿捕について、ハント英外相は20日、イランのザリフ外相と電話会談した。ハント氏は記者団に、英領ジブラルタル当局にタンカーを拿捕されたイランが報復だと考えていることは「明白だ」と述べた。タンカーはオマーン領海で拿捕されイラン側にえい航されたとし「全く容認できない」と批判した。

 ザリフ氏は英タンカーの即時解放に応じない考えを示し「航行規則に違反しており、司法手続きを経る必要がある」と述べた。

 イラン革命防衛隊は20日、拿捕の際に撮影したとされる映像を、国営メディアを通じて公開。対決姿勢を鮮明にした。

国際の最新
もっと見る

天気(1月25日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ