総合 総合 詳報

  • 印刷
 当確のバラが並ぶボードの前で、テレビ局のインタビューに答える安倍首相=21日午後10時12分、東京・永田町の自民党本部
拡大
 当確のバラが並ぶボードの前で、テレビ局のインタビューに答える安倍首相=21日午後10時12分、東京・永田町の自民党本部

 安倍晋三首相(自民党総裁)は参院選で自民、公明の与党が改選過半数を確保したのを受け、憲法改正に関する議論の早期開始を野党に提起する方針だ。選挙戦で訴えた「改憲論議の促進」に有権者の支持を得られたと判断した。21日夜のテレビ朝日番組で「しっかり議論していけという国民の声を頂いた。国会で議論が進んでいくことを期待したい」と述べた。推進態勢を整えるため、9月半ばに内閣改造・自民党役員人事を実施する方向で検討している。

 改憲を巡り自民党は公約の前面に「早期の改正を目指す」と掲げ、9条への自衛隊明記など4項目を明示した。

総合の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ