国際

  • 印刷

 【北京共同】中国は参院選で自民党など憲法改正に前向きな勢力が全議席の3分の2に届かなかったことを歓迎している。米国と貿易や安全保障を巡り対立する中、日本とは関係改善を推し進めるが、安倍晋三首相に対する不信感も根強いからだ。

 安倍首相が在任中の2013年に靖国神社を参拝したこともあり、中国は改憲議論の行方を用心深く見守ってきた。国営通信新華社は5日の評論で「安倍は平和憲法、特にその核心である9条の改正を一貫して追い求めている」と指摘した。

 一方で習近平国家主席は先月、来春の国賓訪日に賛同。首脳往来を通じた一層の関係改善に前向きな姿勢を示している。

国際の最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ