社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 高所作業用のクレーンが折れ、作業していた男性が挟まれた建設現場=16日正午ごろ、名古屋市中区
拡大
 高所作業用のクレーンが折れ、作業していた男性が挟まれた建設現場=16日正午ごろ、名古屋市中区

 16日午前11時10分ごろ、名古屋市中区新栄1丁目のマンション建設現場で、高所作業用のクレーンが折れ、作業員の20代男性が挟まれたと119番があった。男性は約3時間半後に心肺停止状態で救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

 愛知県警中署や市消防局によると、クレーンは台風対策で固定されており、男性はクレーンを動かすために高さ約18メートルの台座付近で作業していた。クレーンのアームが途中で折れ曲がり、鉄骨との間に上半身を挟まれたとみられる。

 県警は身元の確認を急ぐとともに、作業手順など詳しい状況を調べている。

社会の最新
もっと見る

天気(9月21日)

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 21℃
  • 16℃
  • 80%

  • 23℃
  • 19℃
  • 70%

  • 22℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ