社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 出発式に臨む、長崎県の高校から選ばれた高校生平和大使の(右から)橋田晏衣さん、内山洸士郎さん、田平彩乃さん=17日午前、長崎市
拡大
 出発式に臨む、長崎県の高校から選ばれた高校生平和大使の(右から)橋田晏衣さん、内山洸士郎さん、田平彩乃さん=17日午前、長崎市

 核兵器廃絶を訴える「高校生平和大使」が、反核署名を携えスイス・ジュネーブの国連欧州本部を訪問する。長崎市では17日、地元から選ばれた3人の出発式がJR長崎駅前の広場で開かれた。

 見送りに来た支援者らを前に、活水高2年の橋田晏衣さん(17)は「核兵器ゼロに向けて活動したい」と抱負を語った。鎮西学院高2年の内山洸士郎さん(16)は「署名をしてくれた人、一緒に集めてくれた人の思いを届けたい」とあいさつした。

 22代目となる今年の平和大使は、全国16都道府県から過去最多の23人が選出された。長崎の3人は福岡で他の大使らと合流し、18日に日本を出発する。

社会の最新
もっと見る

天気(9月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ