国際

  • 印刷
 18日、アフガニスタンの首都カブールで、自爆テロ犠牲者の葬儀に集まった遺族ら(ロイター=共同)
拡大
 18日、アフガニスタンの首都カブールで、自爆テロ犠牲者の葬儀に集まった遺族ら(ロイター=共同)
 爆発のあった結婚式場の外で警戒に当たる警察関係者=18日、カブール(AP=共同)
拡大
 爆発のあった結婚式場の外で警戒に当たる警察関係者=18日、カブール(AP=共同)

 【カブール共同】アフガニスタンの首都カブールにある結婚式場で17日夜、爆発があった。アフガニスタン内務省は18日、63人が死亡し182人が負傷したと明らかにした。大統領報道官はツイッターで、自爆テロだとの見方を表明。AP通信によると、過激派組織「イスラム国」(IS)系の地元組織が犯行声明を出した。式には千人以上が招かれていたとの情報があるという。

 式場はカブール西部にあり、同国で少数派のイスラム教シーア派を信仰するハザラ人の結婚披露宴が開かれていた。ハザラ人は、ともにスンニ派のISと反政府武装勢力タリバンの双方から標的とされてきた。

国際の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ