国際

  • 印刷

 【ロンドン共同】英領ジブラルタル当局が欧州連合(EU)の対シリア制裁違反の疑いで7月に拿捕し、今月15日に解放したイランの大型タンカーが18日夜(日本時間19日朝)、停泊していたジブラルタル沖から出航した。複数の英米メディアが当局者の話や貨物データを基に報じた。

 ジブラルタル自治政府は、解放後もシリアなどEUの制裁対象国に向かわせないとの保証をイラン政府から得られたとして解放しており、タンカーの今後の行き先が注目される。地中海の港を目指すとの観測もある。

 タンカー解放を受け、イラン側がホルムズ海峡で拿捕した英タンカーが解放されるとの期待が高まっている。

国際の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 70%

  • 27℃
  • 19℃
  • 70%

  • 30℃
  • 23℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

お知らせ