経済 経済 新商品

  • 印刷

 三菱重工業は19日、需要増加が見込まれる航空機エンジン事業を強化するため、長崎市の長崎造船所の敷地内にエンジン部品を製造する新工場を建設すると発表した。投資額は約80億円で、10月に着工し、2020年中の生産開始を目指す。

 船舶用プロペラ工場の跡地に、子会社の三菱重工航空エンジン(愛知県小牧市)の長崎工場として建設する。稼働後は、生産規模を段階的に拡大する計画という。

 新工場では、航空機エンジンの燃焼器部品の加工や組み立てを手掛ける。生産効率を高めるため、最新鋭の工作機械を導入、モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)といった新技術も活用する。

経済の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 70%

  • 27℃
  • 19℃
  • 70%

  • 30℃
  • 23℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

お知らせ