社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、傷害容疑で逮捕された大阪市の会社役員宮崎文夫容疑者(43)が事件まで数キロにわたり、急な車線変更や減速を繰り返していたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。県警は被害者のドライブレコーダーの映像を解析、道交法違反や暴行などの容疑に該当するかどうか捜査している。

 捜査関係者によると、宮崎容疑者は傷害容疑を認める一方で「危険な運転をしたつもりはない」と話しているという。

 同乗の会社員喜本奈津子容疑者(51)=犯人隠避容疑などで逮捕=の傷害ほう助容疑での立件も、県警が視野に置いていることが判明した。

社会の最新
もっと見る

天気(2月28日)

  • 9℃
  • 3℃
  • 10%

  • 8℃
  • 2℃
  • 20%

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

  • 10℃
  • 2℃
  • 10%

お知らせ