スポーツ

  • 印刷
 1964年東京五輪の開会式で、国立競技場の上空にブルーインパルスが描いた五輪マーク
拡大
 1964年東京五輪の開会式で、国立競技場の上空にブルーインパルスが描いた五輪マーク

 来月開幕のラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の飛行を披露する方向で検討していることが19日、分かった。9月20日の開幕日と、東日本大震災の被災地で沿岸部に建設された岩手・釜石鵜住居復興スタジアムの試合で実施する。W杯日本大会組織委員会や防衛省などが調整を進めている。

 ブルーインパルスは1964年東京五輪の開会式で登場し、青空に5色の煙で五輪マークを描いた曲芸飛行で知られる。サッカーの02年W杯日韓大会などでも行い、20年東京五輪で再び登場させる構想もある。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ