社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 煙玉が放置されていたG20大阪サミット主会場近くの現場=6月28日、大阪市住之江区
拡大
 煙玉が放置されていたG20大阪サミット主会場近くの現場=6月28日、大阪市住之江区

 6月に大阪市で開かれた20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の主会場の近くに煙玉を置いたとして、大阪府警が業務妨害容疑で逮捕した府警の元巡査部長岩橋俊治容疑者(47)が「何か起きたときに警察がどんな対応をするのか見たかった」と供述していることが21日、捜査関係者への取材で分かった。

 現場に残された煙玉の導火線には線香のようなものがテープでつながれていたことも判明。発煙までの時間を延ばし、逃走を容易にするための細工だった可能性がある。

 事件はサミット期間中の6月28日に発生。大阪市住之江区の主会場近くでは、全国から集まった多くの警察官が活動中だった。

社会の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 30℃
  • 23℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ