国際

  • 印刷
 21日、ソウルの韓国外務省で記者団の取材に応じる米国のビーガン北朝鮮担当特別代表(共同)
拡大
 21日、ソウルの韓国外務省で記者団の取材に応じる米国のビーガン北朝鮮担当特別代表(共同)

 【ソウル、北京共同】米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は21日、ソウルで韓国外務省の李度勲・朝鮮半島平和交渉本部長と会談し、非核化を巡る米朝実務協議の再開に向け、連携する方針を確認した。ビーガン氏は会談後「北朝鮮側から連絡があり次第、実務協議を再開する準備ができている」との考えを記者団に明らかにした。

 米側は北朝鮮が強く反発していた米韓合同軍事演習が20日に終了したことを受け、実務協議を早期に再開したい考え。

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は21日、「国家防衛に必須の威力ある物理的手段を開発、試験、配備せざるを得ない」と強調、兵器実験の継続を示唆した。

国際の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ