スポーツ

  • 印刷
 WBOフライ級戦の予備検診を受ける王者の田中恒成。奥は挑戦者のジョナサン・ゴンサレス=21日、名古屋市
拡大
 WBOフライ級戦の予備検診を受ける王者の田中恒成。奥は挑戦者のジョナサン・ゴンサレス=21日、名古屋市

 世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ12回戦(24日・名古屋市武田テバオーシャンアリーナ)の予備検診が21日、名古屋市内で行われ、同級で2度目の防衛戦となる王者の田中恒成(畑中)、挑戦者の同級1位ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)とも異常なしと診断された。

 田中は身長165センチでゴンサレスより8センチ高く、リーチは4センチ、胸囲で1・2センチ上回った。体格で勝っていることには「やりやすいともやりにくいとも(言えない)。スピードで圧倒する」と冷静に語った。ゴンサレスも「田中より高い相手ともやっている」と意に介さなかった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 0%

  • 11℃
  • 1℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 0%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ