社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 さいたま市に本部を置く宗教法人「顕正会」が、公民館の利用を認めなかったのは違法だとして、群馬県東吾妻町に約10万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は21日、6716円の支払いを命じた。

 竹内努裁判長は「集会はビデオを放映し信仰心を深める目的だったが、顕正会の会員のみを対象にした閉じられたもので、不特定多数への布教活動とは言えない」と指摘。使用を許可しても、町が宗教活動を支持したことになる恐れはないと結論付けた。

 顕正会は「集会の自由を尊重した判決で、評価できる」、東吾妻町は「判決を見ていないのでコメントできない」としている。

社会の最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ