生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 デュアン・オールマンが「レイラ」の録音に使用したギブソンのレスポール・ゴールドトップ(ガッタ・ハブ・ロック・アンド・ロール提供、共同)
拡大
 デュアン・オールマンが「レイラ」の録音に使用したギブソンのレスポール・ゴールドトップ(ガッタ・ハブ・ロック・アンド・ロール提供、共同)

 【ニューヨーク共同】ロック界伝説の名曲「いとしのレイラ」で故デュアン・オールマンが弾いたギブソンのギターが、米競売会社「ガッタ・ハブ・ロック・アンド・ロール」のオンライン・オークションに出品され、125万ドル(約1億3千万円)で落札された。同社が21日明らかにした。

 同社によると、落札されたのはエリック・クラプトンさんらのバンド「デレク・アンド・ザ・ドミノス」が1970年に録音したアルバムにオールマンがゲストで参加して使用した57年製の「レスポール・ゴールドトップ」という名前のギター。「レイラ」の愛称でも知られる。

生活の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ