国際

  • 印刷

 【北京、ソウル共同】北朝鮮外務省は22日、報道官談話を発表し、米韓合同軍事演習は終わったものの、韓国による米国製の最新鋭ステルス戦闘機F35A導入や周辺地域での米軍増強が続いていると非難、「軍事的威嚇を伴う対話には関心がない」と強調した。朝鮮中央通信が伝えた。

 「物理的抑止力」との表現で、核戦力強化の可能性を示唆。米国が中距離核戦力(INF)廃棄条約で禁じていたミサイルの発射実験に踏み切ったことにも言及した。非核化を巡る米朝実務協議をにらみ、けん制する狙いがあるとみられる。

 また報道官談話は、米韓による軍事的な敵対行為が対話の機運をそぐ、などと警告した。

国際の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ