国際

  • 印刷
 22日、ソウルでの会談に先立ち握手する米国のビーガン北朝鮮担当特別代表(左)と韓国大統領府の金鉉宗・国家安保室第2次長(韓国大統領府提供・共同)
拡大
 22日、ソウルでの会談に先立ち握手する米国のビーガン北朝鮮担当特別代表(左)と韓国大統領府の金鉉宗・国家安保室第2次長(韓国大統領府提供・共同)

 【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは22日、米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が韓国滞在を予定より1日延長し、23日に帰国すると報じた。聯合は外交筋の話として「米朝接触の可能性は低いもようだ」とも伝えており、北朝鮮との実務協議再開に向けた展望は依然として不透明だ。

 北朝鮮側の出方をうかがっているとみられ、滞在中、南北の軍事境界線がある板門店で北朝鮮側と接触する可能性があるとの観測も出ている。

 ただ、北朝鮮外務省は22日の報道官談話で、演習は終わったものの、米韓両軍の軍事力の増強を非難。「軍事的威嚇を伴う対話には関心がない」と強調した。

国際の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ