国際

  • 印刷

 【ナイロビ共同】ジンバブエ政府は11日、入院先のシンガポールで6日に死去したムガベ前大統領の遺体が帰国したと発表した。14日に各国の首脳らが参列して葬儀が執り行われ、15日に埋葬される予定。ムナンガグワ大統領は6日「ムガベ氏は国家的英雄だ」と宣言し、喪に服すよう国民に呼び掛けている。

 11日に首都ハラレの空港に到着したひつぎの上にはジンバブエ国旗が置かれ、ムナンガグワ氏が出迎えた。多くの市民も駆けつけ、ムガベ氏の死を悼んだ。

 1980年の独立に貢献したムガベ氏は同年に実権を握って以降、初等教育の充実や保健医療の改善に取り組んだ。

国際の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 70%

  • 20℃
  • 16℃
  • 70%

  • 24℃
  • 16℃
  • 70%

  • 22℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ