生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 記者会見する、京都大iPS細胞研究所とパルファン・クリスチャン・ディオールの担当者=12日午後、京都市
拡大
 記者会見する、京都大iPS細胞研究所とパルファン・クリスチャン・ディオールの担当者=12日午後、京都市

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、皮膚の老化や再生のメカニズムを解明しようと、京都大iPS細胞研究所と化粧品などを扱うパルファン・クリスチャン・ディオールは12日、共同研究を始めたと発表した。

 同社はこれまで、加齢に伴う肌の変化などの分析に取り組んできた。同研究所の持つiPS細胞の技術を利用し、皮膚の再生や肌を若く保つための手法の開発を目指す。

 共同研究では、iPS細胞から作製した皮膚の細胞に、日常生活に伴う紫外線や温度などさまざまなストレスを加え、どのような過程で変化するかを解析する計画。再生にはどのような物質が必要かなども調べる。

科学・環境の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ