政治

  • 印刷
 沖縄県庁を訪れ、玉城デニー知事(右)と会談する衛藤沖縄北方相=13日午後
拡大
 沖縄県庁を訪れ、玉城デニー知事(右)と会談する衛藤沖縄北方相=13日午後

 衛藤晟一沖縄北方担当相は13日、就任後初めて沖縄県を訪れ、玉城デニー知事と県庁で会談した。玉城氏は、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する姿勢を改めて訴え、政府に県側との対話を求めた。衛藤氏は「沖縄振興と基地負担軽減に内閣を挙げて頑張りたい。本音の話をしたい」と述べるにとどめた。

 玉城氏は、基地負担の軽減や沖縄振興費の増額などを求める要望書を提出。「辺野古の基地反対の民意は知事選と県民投票で示されている。対話に真摯に応じてほしい」と注文した。

 衛藤氏は会談に先立ち、糸満市の平和祈念公園にある国立沖縄戦没者墓苑で献花した。

政治の最新
もっと見る

天気(10月15日)

  • 22℃
  • 18℃
  • 20%

  • 19℃
  • 15℃
  • 60%

  • 23℃
  • 17℃
  • 10%

  • 22℃
  • 17℃
  • 30%

お知らせ