国際

  • 印刷
 13日、ブラジル北部トメアスで開かれた日本人のアマゾン移住90周年記念式典で鏡開きをする関係者(共同)
拡大
 13日、ブラジル北部トメアスで開かれた日本人のアマゾン移住90周年記念式典で鏡開きをする関係者(共同)

 【トメアス共同】ブラジル北部のアマゾン地域で1929年に日本人が初めて入植したパラ州トメアスで13日、移住90周年の記念式典が開かれた。関係者約500人が出席し、柴田一宇シルビオ実行委員長はあいさつで「多くの苦労と献身、地域への貢献が際立つ90年を祝いましょう」と先人の努力に感謝を示した。

 トメアスは州都ベレンから南へ約110キロ。29年に189人の日本人が入植した。現在の日系人の数は約千人。式典では最初の入植者の中で唯一存命の山田元さん(92)=広島県出身=ら功労者に感謝状が贈られた。山田彰駐ブラジル大使や国際協力機構(JICA)関係者らも出席した。

国際の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 23℃
  • 16℃
  • 30%

  • 22℃
  • 8℃
  • 20%

  • 22℃
  • 15℃
  • 40%

  • 21℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ